エアブラシのハンドピース

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 3 分

汚いハンドピースですねー!エアブラシを描くこいつをハンドピースと言うみたいです。

もうかれこれ15年は使っています。

オリンポスっていうメーカです。

今、会社は無くなってしまいました。

(でもメンテナンス部品や新品のハンドピースとか、まだ手に入るみたい。)

別にコダワリは無いんですけど、ハンドピースと言えばオリンポスだったんですよ。

最近はメジャーブランドのIWATAなんかスゴイ数のラインナップがあり、

パーツの供給もぜんぜん困らないのでそっちの方がいいと思います。

 

 

 

 

 

 

しょっちゅう使ってるもんで、メンテナンスも適当です。

大事な箇所だけきれいにしたり、グリスを塗ればいいんです。(イケマセン)

ズボラですねー!

この間ちょっとメンテナンスしようと、右側を見てびっくり!

(右利きなもんでいつも左側しか見てなかったみたい)

 

・・・・おお!メッキが剥がれるほど使い込んでる!(今さら気が付くほどズボラ!)

 

うーん? でも普通の人は絶対こんな所削れないよなー!

 

・・・私、変なんです。

ハンドピースの持ち方が!

 

それにしても私、エアブラシの何々とかハンドピースがどうのとか偉そうなこと

言ってるけど、これ1本しか持ってません。

(最初の写真の奥にあるもう1本は0.8ミリの大口径で、これがまたトリガーが重い!

最近本当におっくうです。)

 

 

あーー!  新しいの欲しいなーーー。

 

まっいいか!

 

 

 

では!