Hot Rod Custom Show

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 4 分

 

久々に行ってきました。

パシフィコ横浜!  みなとみらい、 いつ行っても夢のような処です。

 

会場に入って最初に目に付くのがロバートウイリアム夫妻の2台!

雑誌では昔から見ていたんだけど、本物が見れるなんて!

車だけでは本当のところそんなに感動はありません。

スザンヌさんの天井だけは気になっていました。

かっこいいでしょ!

 

    

 スゴイきれいな、ダッチヴァン 

エンジンカバー(ボンネット?)をはずすと、

やっぱり、すごい所にいますねー。

 

 

 ファイアーバード トランザム!

くーかっこいい!

この時代、ボンネットにこんなでっかい火の鳥が描いてある車が

平気で売られてました。   すごい!

個人的には、後ろのグリルの方がスキです。

 

 

 

日本のレベルもどんどんあがってます。 

 

 

チョップトップ!

A.B.Cピラーを切って、 屋根を十字に切ってまた何センチか鉄板を足して、

また元の形に戻して・・・・うーんすごい!

国産車のチョっプは古いアメ車よりも技術を使うと思います。

鉄板が薄いから、

鉄板の加工も大変だけど、この後のガラスも大変です。

私のカークラブに何と5台もチョップトップがあるだけに、

気になって心配してしまいます。

このBのチョップはすばらしいです。 

 

 

 

HIゼット!焼き鳥セットはどうでもいいけど、

荷台がこんなにいかしてるなんて!

後ろのオーバーハングが何かに似てるなって考えてたんだけど、

わかった! C-10のフロントフェンダー!

どうでもいい! こりゃまた失礼しましたー。

 

  

 

うーん?本田?

ドリームとか言うのかなー?

かみなり族とかのころのバイクだよねー

知らなくてスミマセン! こんな古いバイクをレストアしつつ

カスタムしてしまうなんて、すごいです。

きれいに仕上がってました。

 

 

 

バイクのエントリーが多くてびっくりです。

すごいバイクは、雑誌などで紹介されるから、本等で見てください。

バイクは奇抜すぎるものや、ちょっとインドアショーじゃなくても?

って考えさせるのが多かったと思います。

その中でこんなド定番のバイクがあると安心しますし、

やっぱりかっこいいなーと改めて思いました。

 

  

 

ペイント部門!

バイクも凄いんだけど、下にあるアクリル板!

透明な3.6板(さぶろくばん)4枚によく描きました。

 努力賞!

 

 

 

最後はこれ!もうっ!言葉がでません。

たぶん、ほとんどの人はカッテングシートだと思ってます。

 全部手書きだと言ってもだれも信じません。

  私も信じません!

  人間が描ける限界を超えてます。

 たぶん何かすごい機械で描いてるんです。

 きっとそーだ!

 

 今回はここまで!

さいならー。