バガースタイル

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 3 分

今日も夕方頃、けっこう地面が揺れましたね。

東北の方は凄かったみたいです。 しょっちゅう揺れてるみたい。

1ヶ月もたつのに、もういいかげん勘弁してもらいたいです。

 

それにしても今年の花粉はひどい! せっかく暖かくなってきたのに、ぜんぜん外に

出る気がおきません。 これもいい加減、勘弁してもらいたいです。

 

さてこのパーツ何なのか分かりませんねー。

FL系のでっかいカウルです。 ぞうさんじゃ無い方のやつ!

わざわざTokyo cityから何度も来てもらいました。 しかも2台分!

ありがとうございます。

 

 

光があたればこんな模様が浮き出てきます。

最近、だいぶ来てます! バガースタイル。  ここ数年でだいぶブレイクしてきましたね。

今までFLなんて聞くとおっさんのバイクってイメージでしたが、

さすが人種の集まりの国、アメリカ! 

色々なスタイルが出てきます。  白人以外の人が作ればこんなにも変わるんだなー?

なんて関心します。 

そう思えば日本で昔からあるマーカーいっぱい付いてるFLだって、

りっぱなJAPANスタイルです。

で、 気お付けなきゃいかんのは、こおいう新しいジャンルは

どんどん流行ってきて、色々な知識やパーツが入れ混ざって、

最後はぐちゃぐちゃになって、ブームが去ってちゃうという日本にありがちな

悲しい結果!  

実際、この手の雑誌をちょっと見たら、(旅バガー)なんて?

え?もう日本語とまざってんじゃん! なんて訳の分からんジャンルが生まれようと

してました。 雑誌にいかにもな感じで書いてあればつい信用してしまいます。

全部を信用してはいけません。

 

ちょっと違っちゃうのはしょうがないんです。 だって日本人だから、

このスタイルは、アメリカ人のどんな人たちがどんなノリでやってんのか調べれば、

きっと道をはずれなくかっこいいバイクになると思います。

 

なんて偉そうなことを書いてしまった。

間違ってたら教えてください。 わりとすぐ勘違いしてしまうもんで、

それでは。

 

 へっくしーーーっ!