ヤングロッダー

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分

UT山さん あざーすっ!

もちろんマチ”ソンバックですよー!

当時、皆さんぺっちゃんこにするのにけっこう苦労したんだけど、

ぺっちゃんこ風な薄いタイプが出始めて、

皆それを買って持っていたんだけど、ひねくれ者の私は昔ながらの厚い

バッグを買って、開かないようにひもで縛って、

俺んのが本物だっ!て意気がっておりましたが、

さっき気になってウィキペディアを見たら

本物は1978年に生産終了だったみたい。

てことは、

 

 似せもんジャン!!!

あーあっ! 残念な奴だ!

 

すみません 内輪ネタばっかで、

ここんとこそんなネタばっかで仕事してねーじゃん

なんて思ってるあなた!

ちょっとだけやってますよ!

去年の暮れの頃なんだけど、マイスターさんちのフォードに

レタリングして来ました。

長野ではまだ、ぜんぜん少ないこの手の車!

もうバリバリ流して盛り上げて下さい。

がんばれ!ヤングロッダー(最近こう呼ばないのかなー?)

 

 

最近のうちの工場長の仕事!

ジミーにずーっと総剝離してまいりました。

鉄板むきだしのこの状態!  大好きです。

出来れば色を付けたくないです。

 

鉄の質感がちょっと違うの解りますか?

鉛が付いてました。 

この時代の車は手作りな所もあったみたいなので、

職人さんがろう付けしたんでしょうか?

綺麗にくっついてます。  スバラシイ!

 

他にもまだまだやってますよ。

 

 

では!