sakata のすべての投稿

ダリ

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分


世の中の子供がいるお父さんお母さん!子育て大変ですね。
朝とか夕方とか目が三角になっていのししのように車で突進しているお母様を見ると(ああーいろいろ大変なんだなー!)と思います。
間違ってもそんなお母様(お父様)にイラッとしてはいけません。
 
私もそんな大変な子育てが一応、区切りがつきました。
週末に娘のアパートに行ってきました。
部屋の中は何も飾りっけ無くシンプルな部屋です。
   

唯一飾ってあったのがダリのカレンダーとダリの時計!
うーーん・・・・・?
誰に似たんだろう?
   

アフタータイム

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分


さぶい日はブリティシュなビールをちまちま飲む!
ふーっ・・五臓六腑に染みわたる。
  

いろいろ切っちゃったり・・

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分


ひどいことしてますね~!
前々回10年前の出来事でこんな写真も出てきたので・・
  

普通あの状態なら捨てちゃいますね。
またくっつけます。
  

そうするといろんな所がくるっちゃいます。
今、こんな状態なら捨てちゃいます。
あの頃君は若かった。
  

これは屋根とか切っちゃったのでガラスも切っちゃった所です。
  

皆様にガラスを付けてもらってる所です。
  

エンジンも4g風なのをのせたりフレーム切っちゃったり、屋根切っちゃったり、
なんとかここまで出来ました。
  
でも・・まだベッド(荷台)が長いんだな・・!
  

で、荷台切っちゃったり、短いデフつけちゃったり、6穴から5穴にしたからホイール合わせたり・・・
  

あーーーぁぁ!やっと出来たあぁ~!
いつもの山に試乗に行きます。
  

めでたくMTMにエントリーできました。
この年はKちゃんとおんべがわモーターのキムさんもいて8台もエントリーしてた。
スゴイ!
   

消防車

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 1 分


こんにちは。
こんな家業を何年もやってますと面白い仕事が舞い込んで来ます。
看板屋の親方が筆で書くのめんどくせーからおめーさんやってくれ!
と。
  

今時の消防車は金のラインなんか書いてないんですね。
この車ぐらいが最後の手描きの消防車みたいです。(長野県の北信地方)
手描きのいい味がでてますな!
  

私の仕事は右の運転席がわのドアに同じラインを描く事です。
これは後ろのドア!これに何となく合わせます。
   

何年かぶりの出張です。この日は寒かった!
金色が寒過ぎてムラだらけ・・
角のふにょふにょした柄はステッカーなので、これで完成です。
ホイールがあの頃のキャラバンとかD21とかと一緒かな?
懐かしい!
    

寒かったけどなかなか面白い仕事でした。
  
  

10年前

この記事を読むのに必要な時間の目安: 約 3 分


オリンピックが終わってしまった。けっこう盛り上がりましたね。
今日ちょっと家をかたずけていたら2007年から2008年の写真が出てきたので懐かしくて見てました。
2007年ってまるまる10年前なんですね。
ブログをさかのぼったら2009年からなのでこの辺ぐらいの頃は書いてないんです。
でも懐かしいってかんじよりも、もう10年たっちゃたの? って感じです。
写真は工場長のブリちゃん!
  

これは作ってる時!
今は工場の入口を見張っています。
  

イガちゃん号!
  

その頃の・・ 若い! 
  

10年前のアニキ!
隣に・・チョビさんが!  
 

ジュリ号!
 

これも!この頃頑張ってたな~!
えらいえらい。
    

チャリにはまりました。
  
 
世の中ピストブームが流行り初めました。
この時代ブレーキなんか無くったってノープロブレムです。
私のはウイリー仕様なのでリヤブレーキ付きです。
  

やっぱり塗っちゃいます。
  

サインさんだ!
最初の愛車マングース。これはそうとう乗りました。
バニーホップからマニュアルまで最後はフレームが二ケ所割れました。
  

巨匠だ!
  

息子が小さい。
銀魂知っている人は意味が分かります。
  

風林火山も10年前なんですね。
 

ウサギもいた。
   

友達のゼンちゃんにかたずけてもらってます。
この頃から彼にかたずけろと言われました。
 

なのでこんなのもちょろちょろしてました。
かたずけたくてもかたずけられない私はこの後10年(かたずけ王)が来るまでごみの中で仕事してましたトさ!
  


  

10年前の家からの景色
爺ヶ岳 鹿島槍 五竜 白馬ヤリまで
  

北を見ると飯綱!
10年前となんだ変わり無い景色。
人間にとって10年って長いんだけど、地球規模だとなんてことないんだ。